« May 2005 | Main | July 2005 »

June 29, 2005

買っちゃった。

先日、クロウ のDVDのことを書いた日、
多分、値段の安い方のクロウ - デラックス・エディション -を買いますって書いてたんですが、うちの奥さんに、”好きなら普通高い方を買うでしょ。(しみったれた男ね ←心の声)”って言われて、ハッとしました。

目が覚めました。
目から鱗が落ちました。

心のベストテン第1位を10年間守り続け、
ようやく、待ちに待ったDVDが出るって時に、
安い方のDVDを選ぶなんて・・・。

そりゃ、駄目だ。
それじゃ、駄目男です。
(そうでなくても・・・・・。)

意を決して、
僕は、Amazonで予約を入れちゃいましたよ。
 ↓

クロウ - 飛翔伝説 - コレクターズ・ボックス (完全限定生産)
B0009VB10Iブランドン・リー アレックス・プロヤス アーニー・ハドソン マイケル・ウィンコット


おすすめ平均 star
star幻の名作・ブランドンは立派な役者だった

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ええ、買っちゃいますよ。


| | Comments (12) | TrackBack (1)

June 26, 2005

ガイ・リッチー復活してくれ

僕の”大好きな映画BEST10
今日は、”クライム・サスペンス部門”第1位です。
(そろそろ、部門の意味が微妙な状況に。)


これは、もう
スナッチで決まりです。

先が読めない物語に、
身をゆだねる心地よさ。

僕はよく、
映画のオチとか終わり方を
先読みしようとするんですけど、
この映画では、
そんなこと考える暇もなかったです。


この映画より先に、
ロック、ストック&ツー・スモーキング・バレルズ
を、観てたんですけど、
こちらも相当におもしろいです。


ガイリッチー、
このロック、ストックのTVシリーズで大コケした、
っていう噂を聞いたんですけど。
(AMAZONでは、割りに好評の様ですが)

はやく、気を取り直して、復活して欲しいもんです。


僕は、俳優ではショーンペンが好きなんですけど、
ショーンペンやガイリッチーと結婚したマドンナと僕って、
男の趣味が同じってこと?

ロック、ストック&ツー・スモーキング・バレルズ
ジェイソン・フレミング ガイ・リッチー デクスター・フレッチャー ニック・モーラン
B0000CD7P9


スナッチ
ブラッド・ピット
B0009RB7EC


| | Comments (79) | TrackBack (0)

June 24, 2005

ムーア大先生。

僕の”大好きな映画BEST10
まだまだ続きます。


今日は、”ドキュメンタリー映画部門”第1位です。


ドキュメンタリーといえば、
やはり、この映画、
ボウリング・フォー・コロンバインですね。

コロンバインの高校で起きた、
高校生の銃乱射事件を題材に、
アメリカの銃社会に
切り込んでいきます。


ユーモアと熱い想いを武器に
全米ライフル協会(NRA)会長、チャールトン・へストンや
大企業へアポなしで突っ込んでいく様は、
感動的。

あのマリリン・マンソンも
ムーアのインタビューに答えて、
まじめに、いいこと言ってます。

この映画を観て、
アメリカ人が如何に、
メディアの情報に操られているかが、
よく分かりました。


そして、同じように、
自分自身も。


深い内容を、
こんなに楽しませて、
見せる事が出来る
マイケル・ムーアは本当に素晴らしい。


華氏 911 コレクターズ・エディションも良かったけど、
完成度で言うと、
ボウリング・フォー・コロンバインの方が、断然高いし、
伝わるものも大きかったです。


ちなみに、ボウリングつながりでいうと、
コーエン兄弟の世界 ビッグ・リボウスキもお気楽で、なかなか楽しい映画です。


今回は、DVD持ってるので、
安心して、紹介できました。


B00008HC54ボウリング・フォー・コロンバイン
マイケル・ムーア チャールトン・ヘストン

by G-Tools

B0001X9D68華氏 911 コレクターズ・エディション
ドキュメンタリー映画 マイケル・ムーア

by G-Tools


478971313Xコーエン兄弟の世界 ビッグ・リボウスキ
ウィリアム・プレストン ロバートソン トリシア クーク William Preston Robertson Tricia Cooke

by G-Tools


| | Comments (8) | TrackBack (3)

June 23, 2005

せっかく

せっかく、
僕の”大好きな映画BEST10
第2位を紹介しようと思ったのに、
昨日、ココログの障害でアクセスできなかった。

って、よく考えたら、
2位以下決めてなかったのでした。


でも、なにか映画を紹介したいので、
勝手に部門を決めて、
勝手に部門ごとの第1位を紹介したいと思います。


そうです。
自己満足です。

今回は、”恋愛映画部門” 第1位です。


僕は、
トレンディードラマなんかをみると、
気恥ずかしくて、
見てられなくなる性質で
基本的に、恋愛ものは苦手なのですが、
そんな僕が、唯一ハマった恋愛映画があります。

それが、
ビフォア・サンライズ 恋人までの距離です。

列車の中で偶然に出会った男と女が、
恋に落ちるまでの14時間
を描いた作品です。


限られた時間の中で、
2人は、相手を知り、
そして自分を理解してもらうために、
ウィーンの街を歩きながら、
会話を重ねていきます。


その中には、
相手の気をひくための
小さなうそもあったりして。


そんな姿がとてもリアルで、
本当に、誰かの恋の始まりを
見ている気分になりました。


この映画、奥さんと観にいったのですが、
奥さんの評価はイマイチでした。


ちょっと、理屈っぽいところもあるので、
どちらかというと、
男の人の方がハマる映画かも。


今日、この映画を紹介するために
これまたamazonを見に行ったら、
知らない間に、続編が作られていました。


しかも、前作とのツインパックまで
  ↓

B00092P62Gビフォア・サンセット / ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 ツインパック (初回限定生産)
イーサン・ホーク リチャード・リンクレイター ジュリー・デルピー

by G-Tools


B00092P62Qビフォア・サンライズ 恋人までの距離
イーサン・ホーク リチャード・リンクレイター ジュリー・デルピー

by G-Tools


うーん。
映画を紹介するたびに、欲しいDVDが増えていく・・・・。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 21, 2005

こころのベスト10第一位はこんな映画

この10年間、
僕の”大好きな映画BEST10”で、
1位をキープし続けている映画があります。

それが、クロウ - 飛翔伝説 です。


この映画、ブルース・リーの息子の
ブランドン・リーが主演だったのですが、
そのB・リーが撮影中に不慮の事故で死亡したという、
いわくつきの映画です。


ストーリーは、自分と恋人を惨殺した悪の一味に、
カラスの力を借りて蘇ったB・リーが復讐を果たすと言うシンプルな話。


もともと、アメコミが原作ということもあり、
カラスの力を借りて復讐などと聞くと、
人によっては受け入れがたい感じもあるかと思います。


しかし、この映画あなどってはいけません。


B・リーの素晴らしい演技により
主人公の怒りやむなしさ、
戻ってくることのない恋人への想いが
ひしひしと伝わって来るのです。

もう、どうしようもなく切ないんです。

もちろん、 ブルース・リーの息子だけあって
アクションもいけてます。

クロウは今まで、ビデオの販売しかなかったのですが、
今日、この記事を書こうとamazonを見ると、
なんと、8月にDVDが発売されることに!!。


うおー、めっちゃうれしい。
クロウのこと書こうと思って良かった。


しかし、これには手が出ません。
  ↓

B0009VB10Iクロウ - 飛翔伝説 - コレクターズ・ボックス (完全限定生産)
デックスエンタテインメント 2005-08-19

by G-Tools

特製フィギュアもついてて、
結構、マニアがいるってことか?


僕は多分こっちを買います。
 ↓

B00005R22Iクロウ - 飛翔伝説 - デラックス・エディション

by G-Tools

それでも、デラックス・エディションか。
通常版は出ないのだろうか?

ちなみに、間違っても”クロウ2”とか”クロウ3"とかは、
観たり、買ったりしないで下さい。
全く、クロウとは別物なので。


もうひとつ、ちなみにですが、
シャングリラの予言っていう本で、
サブ・カルチャーの大御所みたいな2人が、
この映画の熱烈なファンだって書いてあって、
凄くうれしかった。


あしたは、僕の”大好きな映画BEST10”第2位を紹介しようかな。

| | Comments (5) | TrackBack (2)

June 20, 2005

おもしろいアイディアを形に出来る人

朝、通勤の車の中で、
なんとなく、
糸井重里さんのことを考えてたんですよ。
ぼーっとした頭で。

糸井さんの事務所は
”東京糸井重里事務所”っていうんですけど、
これって、かっこいいですよね。

とにかく、何をする事務所か分からない。
だけど、糸井重里っていう名前がついてるだけで、
なんか面白い仕事をするところに違いないと
思えてしまう。

っていうか、
”糸井重里”って名前だけで
ワクワクさせられちゃうんですよ。

で、仕事帰りに本屋によったら、
ほぼ日刊イトイ新聞の本に出会っちゃったんです。
即買いです。


この本で、糸井さんはコピーライターの仕事について、

つまり、アイディアを出して言葉にしていくこと。
そして、それを活かす方法を考えること。
そういうすべてのことがコピーライターの仕事だと思っている。

と語っています。


そんな考えのもと、
「TOKIO」の作詞や
「YOU」の司会、
小説執筆、
徳川埋蔵金探しも
やってきたそうです。


‘コピーライターはなんでもできるんだ”


おもしろいアイディアを形に出来る人。
そして、それを自負を持ってやってきた人。

だから、”糸井重里”って名前を見ただけで、
ワクワクさせられちゃうんですね。


結構深い内容です。
 ↓

4062749017ほぼ日刊イトイ新聞の本
糸井 重里

by G-Tools

| | Comments (3) | TrackBack (1)

June 19, 2005

知らなんだ。

知らなんだ・・・・。

バットマンビギンズの脚本/監督が、クリストファー・ノーランだったなんて。

ノーマークでしたよ。

バットマンシリーズ、
監督がティム・バートンじゃなくなって、
興味薄れてたんですよね。

しかし、何で、クリストファー・ノーランが監督に?


結構、前評判良さそうですね。
うーん。
もしかしたら、観に行くかも。


クリストファー・ノーランの
メメント、最高ですよ。

10分間しか自分の記憶を保てなくなった男が
主人公のクライム・サスペンスで、
ストーリーはアイディア勝負の感はありますが、
映像や演出はホント素晴らしいです。

主人公が、
記憶する代わりに
ポラロイド写真を撮り、
裏にメモを取るんですけど、
なんかその姿がクールで、
かっこ良くて、
思わず、ポラロイドカメラ
買っちゃいそうになりました。


おもしろいですよ。
  ↓

B0000641JXメメント
ガイ・ピアース キャリー=アン・モス ジョー・パントリアーノ クリストファー・ノーラン

by G-Tools

| | Comments (11) | TrackBack (0)

June 16, 2005

この本に答えがある。

先日、”ソクラテス・カフェ”のことを書いたので、
哲学本のご紹介を。


これもう、何か凄い本なんです。


哲学研究者で溢れる日本の哲学界において、
本気で哲学しちゃってる数少ない人間です。


本気です。
熱いです。

この本を読むと
もう、馳浩のジャイアントスイングで、
振り回されたぐらい、
頭の中が、グルグル回っちゃいます。

でも、書かれていることは、
理路整然としていて、
読み終わると
とても気持ちが良いです。


僕は、この本に出会って、
僕の中の問題のいくつかを
解決することが出来ました。


4048735330THE ANSWER
鈴木 剛介
角川書店 2004-06

by G-Tools


あなたも、この本で答えを見つけることができるかも。


| | Comments (139) | TrackBack (0)

June 14, 2005

こんなカフェ、結構好きです。

カフェに集まった人達が、
ひとつのテーマについて
熱く語り合う。


その名も「ソクラテスカフェ」。


これは、どこかの国にあるカフェの
名前ではなくて、
”カフェで哲学する”という
ムーブメントの総称です。


愛だったり、仕事だったり、
夢だったり、音楽だったり、
人生だったり、
様々なテーマについて、
ワイワイガヤガヤ
議論を繰り広げる。


その議論を繰り広げる場所が
カフェっていうのが
なんか良いでしょ。

4334961568ソクラテス・カフェにようこそ
クリストファー・フィリップス 森丘 道
光文社 2003-06-24

by G-Tools

マーケットプレイスなら229円で売ってます。
お買い得。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

June 13, 2005

オトナ語の謎

ハマッた。
今更ながらハマッた。

前から気になってたのに、
なんとなく買わずにいたんですけど、
先日、古本屋でふと目にとまって、
とうとう買っちゃいました。


4101183120オトナ語の謎。
糸井 重里 ほぼ日刊イトイ新聞

by G-Tools

読んでみると、僕自身、
かなり、使ってますね、オトナ語。

最近、多用しているのが、
”やぶさかではない”。

これ、
”やれと言われたら、やらないこともありませんけど。”
ぐらいのニュアンスで使ってたんですが、
本当は、
”喜んで~する”って言う意味だったんですね。


もしかして、
今の上司には
「すごいやる気のあるやつ」って思われてるのでは?

ところで、
オトナ語の謎。は、ほぼ日刊イトイ新聞
から生まれた本ですが、同じく”ほぼ日"から生まれた

4902516012言いまつがい
糸井 重里

by G-Tools

も、面白そう。
次はこれを古本屋で探してみよう。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

June 02, 2005

自虐ブームだね。

本屋で見つけちゃいました。

4537252839毛髪川柳
日本自毛植毛センター
日本文芸社 2005-05

by G-Tools

イラストは、しりあがり寿さんかと思ったら、
五月女ケイ子さんでした。

五月女ケイ子さんて、
カラー版 新しい単位とか、

4594042813(図解)世界のしくみ
細川 徹 五月女 ケイ子

by G-Tools

って、なんかいい本つくってますね。

毛髪川柳って、毛髪に関する自虐的な川柳が盛りだくさんに載ってます。
五月女 ケイ子さんのイラストと相まって、かなりやられちゃいます。

いいなあ、これ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »